11/15 コリーさんの経過報告

こんにちは!!コリーの母ちゃんです。皆さんはいかがお過ごしですか?
先週は雨ばかりの一週間でしたね。
そして先週報告しましたが、母ちゃんのケガが実は結構大変で(ビックリ)毎日の病院に消毒しに行く事になってしまいました。
でも先週よりはバリバリ指は使えるのでいつもの早打ちで経過報告を進めていきたいと思います。

最近のコリーさんは大体こんな感じです。

少々波乱万丈な一週間でしたので、お話したい事が沢山あります。
まず、コリーさんが先週の火曜日に食欲増進剤と栄養点滴をしてその次の日から、まぁ目をキラキラさせて朝ご飯を食べる事食べる事!
前日絶食だったのもありましたが、本当に食いしん坊のあの寄り目(通称コリ目)になってご飯を平らげた後もおやつをもらういつものコリーさんに戻っていました。

私達は嬉しくて嬉しくて、水曜日は本当に久しぶりに安心した日でした。
この時はもしかしたら、関東旅行に行けるかも…なんて嬉しく思って気持ちがふわふわとしていたのを思い出します。
そして次の木曜日・金曜日と元気に普段通りの生活をしていました。
11月12日(金)その日の夕方はコリーの病院の日だったので、抗がん剤をもらいに行って食欲増進剤の薬の注射をして帰ってきました。

地方にいる長男が3日間ほど帰ってきて、4ヶ月ぶりに会ったコリーさんは嬉しくて嬉しくて仕方ない様子!
しばらくうちの中でボールを拾ったり遊んだりできなかったのに、おもちゃを拾いに走ったり!?
長男が連れてきたお友達に撫でてもらったり、遊んでもらったりの一日でした。

↓地方の兄ちゃんが帰ってきて嬉しいコリーさん↓

ところがコリーは12日の夜ご飯もすごく喜んで沢山食べたのに、その3時間後くらいから下痢をしてしまい…えっ~また~?始まった?という感じで、何回かコリーは辛そうにしていました。
4~5回はしていたと思います。
最後は血まで出てしまって、それを見た瞬間に絶対コリーの体でまた何か起こっていると確信しました。
特別変なものをあげてもいないし…可哀そうなコリー。

その日は神経質にならないように早めに私達も就寝しましたが、翌朝コリーは3か所くらいで吐いていました。
11月13日土曜日の朝、すぐに病院に電話をかけて診察を受ける事ができました。
昨日はあんなに元気そうでも一日でこんな状態になるなんて、やはり無理は禁物だ!!と思いました。
土曜日は先生が急変を察してくれて、すぐに血液検査を詳しくしてくれて、コリーをしっかりと診てくれました。
血液検査は、思い通り非常に悪い数値が出てしましました。
診断結果は「急性膵炎」6月に危険な状態になったあの病気にまたなっていました…ショックでした…涙

先生はコリーの事を本当によく診てくれています。
初めからそうでしたが、特にクラウドファンディングする話をしてから、力になってくれましたし私達の気持ちもよく分かっていると思います。
旅行の事もそうです。
先生と大学病院の先生にはお話はしていましたが、コリーの体調を一番に考えてくれていました。
今のコリーの状況で「もちろん大丈夫ですよ。いってらっしゃい」とは絶対に言えない状況であると私達ももちろん思います。
私達も最後の最後までコリーの体調と相談して今回の旅行を決めたいと思っていました。
途中何度も自分達のエゴでコリーを辛い思いをさせてしまうのか?とも考えていました。
しかし私が見た素敵な九十九里浜の海岸や、神奈川の素敵な景色の所に元気なうちに連れて行ってあげたい、そしてコリーを励ましてくれた人に一目でいいから、母ちゃんの大切な、大好きなコリーを見てもらいたいと思っていました。
こんな妄想を、楽しいひと時を楽しみにする気持ちをギリギリまで持ち続けていたいと…。

先生は私達とコリーの大切な時間を入院で短くさせたくないと仰って下さいました。
「もう少し様子を見ましょう。ひどい状態が続くならば入院で24時間点滴になるかもしれませんが、できるだけ通院での毎日の点滴治療をしましょう。」との事でした。
そして「思い出を作りたいという私達の気持ちもわかる…しかし私は何とも言えません」という言葉を聞くとキリキリと切ない気持ちになりました。

余命宣告をされたコリーは、この7ヶ月半たくさんの事を乗り越えてきました。
しかし今回の最後の冒険はやめよう!と決める事にしました。
コリーが旅先で体調を崩したりして亡くなるとか考えたら…こんなにコリーが好きなのに…それは違う…そんな事はもちろん望んでいません。
もしかしたら年を越せないかもしれませんが、これからコリーが家で穏やかに暮らせるように生活しようと思います。
沢山のお友達には、これから機会があれば会えると思います。
そして大切なお友達はもちろん、皆さん一番に「コリーさんの体調をしっかりみてね。無理したらダメだよ」と言ってくれました。

旅行の話が長くてすみません。
とにかく、コリーが海を見たいと言っている訳でもありませんし、沢山の友達に会いたいとも言っていませんが、ただコリーはお出かけが大好きなんです。
この前コキア畑を見に行った時も、本当に楽しそうにどんどん歩いていました。
旅行に行ったらそんな元気が湧いて来ないかな?とか思ってしまっていた母ちゃんなのです。
動物もいつもと違う雰囲気や空気や草の匂いそれは普段では味わえないスペシャルなモノだと母ちゃんは考えていたのです。

コリーは急性膵炎と診断されてしまいましたので、今週は無理せずに点滴の毎日を過ごす事になります。
しかしながら嬉しい事に今のコリーは強い下痢止めのお薬が効いてすっかりお腹は大丈夫のようです(o^―^o)ニコ
ご飯もしっかりと食べています、今は寝てばかりのコリーさんでない事を皆さんにお伝えしておきたいと思います。
まだ頑張って傍にいてくれるようです。今日コリーが母ちゃんだけにそう言っていました(笑)

11月14日(日)は朝から点滴治療をしてもらいましたが、病院の駐車場では相変わらず車から降りずストライキをしているコリーです。
しかし、自宅のマンションの前の黄色いイチョウの葉の絨毯が広がっている公園では飛び降りてくるという、何とも賢いボーダーコリーを見せつけてくれちゃっています。

心配して遠くからお友達が差し入れを持って会いに来てくれたりと、インスタグラムの大切な人がLINEで繋がったりと、なんだか嬉しい事も沢山あった一週間でした。

また来週は元気なコリーさんの写真をお見せできると思います。不死鳥とまではいかなくても復活しますからね!
それでは、札幌はまだ雪は降りませんが、近々初雪の便りもできるといいなって思います。

PS.コリーのとーちゃんが今週いっぱいで45年間務めた会社を円満退社致します。
本当に長い間家族の為に働いてくれて感謝しています。
とーちゃんが居なければ、コリーさんとこんなに充実した日々を過ごす事ができませんでした。
とーちゃんが単身赴任の5年間、車の運転ができないガラケーのおばちゃんは何も進歩できなかった。
5年前にFacebookの「ボーダーコリー大好き」グループの人達と出会わなければ、こんなに楽しい毎日を送る事ができませんでした。
スマホよありがとう!Facebook・インスタグラム万歳!
そして、私とお友達になってくれて、いつも傍にいてくれる素敵な人達、ありがとう。
ダメだ!!なんだかジーンとしてきて鼻水出てきちゃったよ…

ではではまた来週!
皆さんも風邪ひかない様に暖かい恰好をしてお過ごし下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。